脇の黒ずみでもぶつぶつ型の肌トラブルの原因と解消法

投稿者: | 2016年9月15日

脇の黒ずみはいくつか種類がありますが、黒ずみだけではなくぶつぶつと毛穴が目立つ場合があります。

ぶつぶつになっているということは、脇の毛穴が盛り上がり、触ってぶつぶつした上黒ずみがある。
脇の脱毛を毛抜きで行っている方に多いです。
脇毛は、他の部位の毛よりも深いですが、脇の肌は薄いのです。
そこを毛抜きで無理に引き抜くのですから、毛穴に大きなダメージを与えます。

肌が軽い炎症を起こして色素沈着になっていたり、埋没毛(引きぬき失敗)になっているなどで、ぶつぶつの黒ずみになる可能性が大きいです。
また、毛抜きで行っていない人でもぶつぶつなっている場合があります。

これは、毛穴に汚れが詰まった状態です。
いちご鼻(鼻の毛穴に汚れが詰まった状態)と同じです。
その原因として、制汗スプレーや制汗剤、脇の下に使用しているクリームなどが残っていることも考えられます。
もちろん自ら出す汗なども黒ずみの原因になります。

こうした黒ずみだけではなく、毛穴がぶつぶつしているという方は、カミソリでの脱毛はやめて、電気シェーバーや脱毛サロンなど肌に影響を与えない脱毛方法に切り替えましょう。

結局、脱毛をしながら肌を傷つけて、メラニン色素で色素沈着になってしまったり、毛穴に刺激を与えることでぶつぶつになってしまっています。
また、汚れ解消のためゴシゴシとこするのではなく、デリケートゾーン専用の石鹸などで優しく洗った後に、化粧水などをつけて、保湿をしておきましょう。